読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やかんDEシェアしませんか?

22世紀アートの新コンテンツがオープンしました。日常のささいな出来事から過度の妄想 まで、そしてちょっと役立つ電子書籍情報など、赤裸々に発信していきます!

谷根千に行ってきました

こんにちは。

 

タチアオイがキレイな季節になりましたね。

別名、梅雨アオイなんて言われてる植物ですから、これからいよいよ梅雨入りですね。

それにしてもデカすぎてお花のお化けみたいになっててちょっとコワいです。西野です。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215629j:plain

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215637j:plain

先日日曜日はお休みだったのですが、あまりにも天気が良すぎて、谷根千あたりに行ってきました。

 

谷根千というのは、東京都の文京区と台東区にある谷中・根津・千駄木という地域の総称で、活気がある商店街があったりお寺だらけだったり古民家がひしめきあっていたりして、なんとも散歩しがいがあるところなんですね。

 

昔ながらの表具屋とか骨董屋とかがあるなかに、若手クリエイターのアトリエとか雑貨屋なんかがあって、今と昔がいい感じで混ざり合ってて、このあたりが人気があるのも頷けました。

 

この日は、JR日暮里駅から歩いて、まずは谷中から行くことにしました。

 

すぐに夕やけだんだん坂が見えてきました。

 

長い階段の先には谷中銀座があるんですけど、有名なお惣菜屋があったりお酒が売ってたりして、買い食いスポットですね。それにしても快晴快晴。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215738j:plain

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215748j:plain

谷中銀座を抜けて、根津と千駄木もウロウロしてたんですが、

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215839j:plain

よーく見るとメダカが泳いでいたり、穏やかですね、

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215850j:plain

赤が攻め込んでいたり、スポーツの街なんでしょうか、

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215927j:plain

置き石があったりしました。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622215955j:plain

ところで、団子坂って知っていますか?

その昔、名探偵明智小五郎を生み出したことで有名な、小説家江戸川乱歩が本屋を開いていたところなんですけど、千駄木にあるんですね。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622220030j:plain

今となっては風情があるわけでもなんでもなかったです。

 

分かりづらいですが、ここ、結構な坂道でした。

江戸川乱歩は、「D坂の殺人事件」という小説を書きましたが、Dは団子です。

団子をDに置き換えるだけど、ものすごく意味深でかっこよくなるんですね。

 

試しに、渋谷のスペイン坂はS坂で、麻布のさくら坂はS坂です。

S坂の殺人事件と、S坂の殺人事件。

 

ややこしいのでどっちでもいいです。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622220111j:plain

あ、近くに乱歩カフェもあっていい雰囲気でした。

 

ちなみに、団子坂を登りきると、森鴎外記念館がそびえ立っていました。

舞姫」で有名な森鴎外もここに住んでいたようです。

 

当時は、観潮楼という名前で、海を見下ろせたようですが、今はこんなモダンな建物になっています。

良い名前ですよね、ここにかつての文豪たちが集まっていたりしたのかと思うと、ロマンがあります。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622220147j:plain

それにしても広すぎて写真には収まりませんでした。

しかも車通りも結構あったので、慌てて写真も斜めです、すみません。

 

全貌がよくわかる資料があったので載せておきます。

これで当時の鴎外に思いを馳せることができるかと思います。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622220214j:plain

ロマンってきっと平面じゃないんですよね。

 

4時間歩いたせいで、筋肉痛がまだきてるのでこのへんで。

 

ではでは。