やかんDEシェアしませんか?

22世紀アートの新コンテンツがオープンしました。日常のささいな出来事から過度の妄想 まで、そしてちょっと役立つ電子書籍情報など、赤裸々に発信していきます!

電子書籍出版社がはじめて電子書籍を発売するまでに大変だったこと

こんにちは。

 

猛烈な暑さですね。

でもまだまだ6月なので扇風機フル稼働で頑張ってます。西野です。

 

さて、たまには僕たちのお仕事と電子書籍のお話でもしようと思います。

特に電子書籍出版の大変なシステムとか手続きなんかもです。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622220644j:plain

22世紀アートの最近のお仕事

 

僕が働いている22世紀アートという会社は、すごく小さいながらも電子書籍専門の出版社です。

 

今年の1月に設立してから、4月にはkindleストアで雨宮惜秋著「タロー 子供の夢」をという小説を出版しました。

そして今月1日には楽天ブックスKobo)で「花物語と夢の音」という文芸集を7部一斉リリースしたばかりです。

こちらの「花物語と夢の音」は、短歌・俳句・川柳・詩・現代文学のジャンルで活動されている方々による合同文芸集です。

しかも無料ダウンロードでご覧になれます。これだけ幅広いジャンルの文芸集って、出版業界的にもそうそうないんじゃないでしょうか。

 

いろんな人に読んでほしいので、文章だけではなくて写真とか画像なんかも使って作品をみせていきたいなと考えていたら、想定外なボリューム感になりそうだったので参加締切を早めたのですが、それでも7部作という大作になってしまいました。

 

これからの予定ですが、今決まっているだけでも6月に6作、7月にまた6作と、当分出版ラッシュになりそうです。

ほんっとに有り難いかぎりです!みなさまのおかげです!

 

 

はじめて電子書籍を作ってみて大変だったこと

 

そもそも専門社としてやっているんで大変だなんだっていうのもなんなんですけど、当初は大混乱でした。

 

今となっては何でもないことなのですが、創業時はepubファイルの2と3の間におののいていたり、MOBIってなんだよ!とか、挿絵画像がコントロールできなくて右往左往していたり、校正もきちんとやったデータなのに、KDP(キンドル ダイレクト パブリッシング)というkindle電子書籍を作る時のシステムに入稿すると、文字やら画像やらがズレズレになっていたりもしました。逆流性胃腸炎寸前であやうく横になって眠れない日々が続きそうでした。

 

なにより、電子書籍出版を心待ちにしている作家さんを考えると、当然完璧な状態で出さないとですから、とにかく必死で作っていました。

 

念のためもう一度言いますけど、今となっては何でもないことなので!問題なく出版しています!

 

 

Kindle電子書籍出版は注意点だらけ!?

 

やっとこさ電子書籍データ作成もクリアできたと思ったら、まだまだ問題がでてくるんですね。

 

kindle電子書籍出版は、ロイヤリティ(印税)の割合も選べるんです。

印税率35%と70%の二択です。

もちろん、ロイヤリティは大いにこしたことはないですよね、でもここは注意が必要なんです。

70%にするためには、本の販売価格が250円~1、250円以内にしなくてはいけないんです。

 

さらに!

EIN(Employer  Identification Number:雇用者識別番号)という番号をアメリカの内務省のようなところに申請して取得しないと、70%のロイヤリティーから、さらに30%のアメリカの源泉徴収税が徴収されちゃうんです。たまんないですね。

 

EINっていうのは、僕は日本に住んでいて日本に税金を納めているんで、アメリカに税金は払いませんよっていう申請なんです。

全文英文の申請書を確認して必要事項を記入して申請したんですけど、まーこれがなかなか返答がないもんで焦り続けましたね。

 

なんとかもう取得済みなので、22世紀アートから出版するものは価格さえ決めちゃえば70%のロイヤリティに対応しています!

 

 

電子書籍出版をもっともっと簡単にします!

 

と、まあ細かい部分をあげるとこれだけじゃないんですけど、僕たちとしてはkindleもそうですが、もっと誰でも出版ができるように簡単になってくれれば、電子書籍業界もものすごい勢いと可能性が秘めていると思うんですね。

 

なのでこれからは、電子書籍出版あるあるを連日連投していくので、みなさんの出版の役に立てるような情報が発信できるようにがんばろうと考えています。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150622220715p:plain

いつになく仕事してる感じの内容ですが、どうぞご参考にしてみてください。

 

ではでは。