読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やかんDEシェアしませんか?

22世紀アートの新コンテンツがオープンしました。日常のささいな出来事から過度の妄想 まで、そしてちょっと役立つ電子書籍情報など、赤裸々に発信していきます!

会社ロゴから本のデザインまで 木村仙吉商店さんにお願いに行きました。

こんにちは。

 

今日部屋を掃除していたら、くたびれたスーツを発見しました。

そういえば、起業してから半年、起業準備で3ヶ月程、ずっとスーツなんぞ着ていませんでした。新卒当初、スーツに袖を通すのが嬉しかったものです。初心を忘れない為にも、しっかりスーツはクリーニングに出して神棚にでも収めておこうと思います。

来週も元気に、毎日短パンTシャツにサンダルで出勤します。西野です。

 

先日、大事な用件で、アフターファイブの打合せがありました。

おいしいお酒も交えつつってやつです。

 

僕の所属する22世紀アートは東京都調布市という、えらく閑静で緑の多い街にあるのですが、この日はなんと、先方のご指定で三宿という東京きってのオシャレスポットに行ってきました。

 

この日の用件というのは、22世紀アートのロゴと名刺デザインを再検討しようというもので、ベテランデザイナーの方との打合せです。

木村仙吉商店の木村安考さんがその人です。ホームページは当然オシャレなのですが、ご経歴もすごくて、大手企業の案件も数々こなしています。

この方にお願いしてみよう!と考えたのは、以前当社社長の向田が木村さんにお会いした時に交換した名刺がきっかけです。すばらしいデザイン性なんですよね。

 

木村さんには、こちらから無理くり予定を空けていただいたにもかかわらず、ちゃっかりお店まで用意していただいてしまいました。

お店も、まさに三宿の隠れ家、入店ハードルが極めて高く、扉を開けるプレッシャーをヒリヒリと感じさせる、我らが調布では考えられないようなハイグレードなダイニングバーでした。普段飲みに行くなら激安居酒屋一休か、最低でも3時間飲み放題1000円が付けられるタイプのチェーン居酒屋ばかり行っている僕たちとしては、未知との遭遇も甚だしい佇まいと雰囲気に胸がつまりそうでした。

 

僕はこの日初めて木村さんとお会いしたのですが、気前と飲みっぷりがいい兄貴的なお方でした。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150628144714j:plain

なんでも、今まで音楽業界やデザインプロダクションでデザイナーとしてのキャリアを積まれてきたそうです。僕もこれまでにデザイナーの方と仕事をしたことがありますが、腕利きのデザイナーの方っていい意味で浮世離れしているというか、ざっくばらんに世の中を見ているというか、ネタとかアイディアがどんどん出てくるトレーニングをしているんでしょうが、教養に溢れているなぁと思いました。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150628144743j:plain

お花のオブジェと植物の鉢が置かれた個室の雰囲気には、「残波」の水割りにレモンスライスがよく合います。

 

ロゴや名刺デザインの依頼は、快諾いただきました!

さらに、電子書籍出版として事業展開している「22ARTパブリッシング」ですが、書籍の表紙デザインも、今後木村さんにお願いすることになりそうです。

表紙は本の顔ですからね、もっともっとグレードアップした本作りを作家さんに提案できそうで、これからが楽しみです。

 

22世紀アートの今後の事業展開なんかも話しつつ、木村仙吉商店さんとコラボレーションして面白いこともできそうです!

f:id:yakandeshareshimasenka:20150628144809j:plain

この後、木村さんの案内でもう一軒、ソファーが居心地のよすぎるバーでマティーニを2杯程飲んでお開きになりました。終電まで5時間腰を据えてお話ができて、すごく密度の濃い時間でした。

 

3人で立ち上げた会社ですが、こうして着々と外部の方々にご協力いただくことも増えてくると、俄然やる気が出ます!こうしてどんどん人を巻き込んでコラボレーションしていって、色んなコンテンツを社会に発信していきたいなと考えています。

 

ちなみに、この日の向田はアロハシャツでした。夏場の外出着は決まってアロハシャツみたいです。というか、冬が終わるやいなやダウンとデニムを捨てる程極端すぎる衣替え男なので、アロハ以外の夏服を持っていないんじゃなかと思います。向田の為にも、はやく沖縄事業所が構えれるようにしたいと思います。

 

今日はこのへんで。

ではでは。