やかんDEシェアしませんか?

22世紀アートの新コンテンツがオープンしました。日常のささいな出来事から過度の妄想 まで、そしてちょっと役立つ電子書籍情報など、赤裸々に発信していきます!

本選びにもう迷わない!まとめ買いだってできちゃう、「トレンドマップ」を作っています!

こんにちは。

西野です。

 

さっそくなのですが、今「トレンドマップ」という新しいコンテンツの準備をしているところなのですが、どんなものなのかちょっと紹介してみようと思います。

 

f:id:yakandeshareshimasenka:20150803134110j:plain

 

こんな感じです。

これが何なのかというと、Kindleストアで電子書籍を買った人は、その本以外にいったいどんな本を読んでいるの?どんな本を読んだら面白いの?という疑問をMAPにしてみたのです。

アマゾンでショッピングをしたことのある方なら分かると思うのですが、選択した商品の下のほうに「この商品を買った人はこんな商品も買っています」っていうおススメ関連商品が出てきますよね。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150803134549p:plain

これももちろん便利な機能なのですが、いかんせん表示される選択肢が多すぎてどうにもこうにも選びきれないし、本当におススメされた本が自分に合っているのかもわからん!

でも、おススメ商品のさらにおススメ商品まで見れば、自分に隠された本当のニーズがわかってくるのではないだろうか……と思いました。

f:id:yakandeshareshimasenka:20150803134412p:plain

 

例えば、下図右上の赤マルを見てみると、

f:id:yakandeshareshimasenka:20150803135740j:plain

又吉直樹さんに「火花」をKindleストアで検索したら、東山彰良さんの「流」がおススメされていました。「流」といえば、先日直木賞を受賞した今話題の小説です。で、その「流」を選択すると今度は浅田次郎さんの新作「ブラックオアホワイト」がおススメされていました。浅田次郎さんは言わずと知れた直木賞作家で、今は直木賞の選考委員もされている方ですね。このグループは、正統派文学作品を主に読んでいる方々っていうことがわかります。ここを追っていけば、文学のトレンドを掴むことができるんじゃないでしょうか。

 

また、右下は劇団ひとりさんの小説群がきていますね。タレント本としての側面ものぞかせつつ、左下には池井戸潤さんの作品群が。こちらは現在なんと無料でKindleストアで購入できる作品なのですが、Kindleの話題本を追っているグループですね。

 

こういう風に、自分はどのグループを追っていけばいいのかな、とか、どれを読んだら満足できるのかなという、道標的な役割ができるツールになればいいなと考えています。Kindleストアで何回もクリックして自分で分析するよりも、こういうMAPがあると、ビジュアル的にも判断しやすくなるんじゃないでしょうか。

 

ところで、上の参考画像じゃないですけど、「火花」はもう読まれましたか?

僕は正直なところ、丁寧に作りこまれた作品で、久しぶりに純文学らしい純文学を読んだなと大満足しました。又吉さんといえば読書好き芸人でめちゃめちゃ有名ですが、ただの読み手じゃなかったんだと脱帽しました。

 

最近、何かと目にすることが多い又吉さんですが、昨日フジテレビで「オモクリ監督」という番組にも出演していました。芸人の方々が5分くらいの面白い動画を制作して、それを評価しあうという、ざっくり言ったらそういう番組です。

昨日の放送では、その動画はフランス人にもウケるのか?という企画で、又吉さんの動画「告白」という作品も上映していました。山小屋密室殺人サスペンスな作品なのですが、細やかな設定とテンション、ド頭のオチで終盤まで笑わせ続けて軽やかにひっくり返す展開。コントにしたらシュールすぎるかもしれませんが、こういう映像作品だと全然違うものですね、こういう才能も秀でているのかと驚かされました。

他にも劇団ひとりさんらも出ていたのですが、又吉さんは、「アガサ・クリスティーの作品のようだ」と素晴らしく評価されていました。さすが芥川賞作家!

 

つらつらと長い文章になってしまいましたが、今日はこのへんで。